自分の肌に合っている化粧品を使おう

化粧品の種類

化粧品の種類は大きく分けてスキンケア化粧品とメイクアップ化粧品に分けることができます。これらの化粧水はそれぞれ役割が異なります。自分が必要な化粧品を選択するためにも、スキンケア化粧品とメイクアップ化粧品の役割を知る必要があります。

肌の健康を保つために必要なスキンケア化粧品は、化粧水、美容液、乳液、保湿クリームなどがあります。基本となる化粧水は、肌に水分や保湿成分を補給してくれる役割があります。次に使いたい化粧品が美容液です。これは保湿成分だけでなく、美容成分も含まれています。そのために保湿効果だけでなく、美白効果やしわやしみを予防することができる効果も期待することができます。最後に仕上げとして使う乳液は、保湿効果だけでなく紫外線から肌を守ってくれる効果もあります。

メイクアップ化粧品は大きく分けてベースメイクとポイントメイクに分けることができます。ベースメイクでは、ファンデーションやフェイスパウダーが使われます。さらに化粧下地を使って整えてから本格的なメイクをしていきます。ポイントメイクでは、口紅、アイシャドー、マスカラ、チークなどの化粧品を使ってメイクをしていきます。


★ スキンケア化粧品に関するオススメリンク ★
スキンケア化粧品の中には、日焼け予防がサプリメントになった商品があります。肌トラブルを気にしなくてよいとあって人気です ⇒ 日焼け予防 サプリメント